日本人の10分の1がわきガに患っている可能性

日本人の10分の1がわきガに患っている可能性があります。

ヒトの肉体には「アポクリン腺」と「エクリン腺」と呼ばれる2種類の「汗腺」が存在します。

ワキの下や乳首、へそ、性器、肛門の周辺、外耳道など、身体の一部にのみが持つ「アポクリン腺」から湧き出る汗には、糖質や脂質、アンモニアなどが含まれ、素肌が持つ雑菌が増えやすくなります。ストレスいっぱいの不規則な生活、 不健康な食事に不足している運動量。酒やタバコなどの嗜好品を過度に摂取していると、アセや皮脂の成分が変わり、塩分・糖分・肉類に偏っている食事バランスが、体臭の原因のひとつとなっています。

肉類やお菓子類など、動物性たんぱく質や脂質ばかりの食事は抑えて、体質改善できるような食事バランスを日常的に取りましょう。

女性器からの臭気に苦悩する女性は沢山いますが、実はほとんどの場合「思い違い」か「意識しすぎ」であり、着衣時に他人が気づくような臭いを持つ人は、極稀だということです。

本質的に、性器は臭いをもつ部位なのです。性差や年齢差に関わらず、皆そろって少なからず匂いを持っているのです。

珍しいケースですが、陰部周辺にワキガ臭が発生する「すそ脇のにおい」体質に悩みを抱える人も稀に存在します。

ねばつきのあるキャラメルのような耳垢が出る人は「外陰部臭症」である可能性が考えられます。

されども、この体質はワキガと同様に、専門科に診てもらうことで 臭気を和らげることができますから、ひとりで悩まずに 専門医に相談してみてください。

「ワキガ」と体の臭いは勘違いされることも少なくないですが、「脇のにおい」と汗からくる体臭は異なります。

「腋臭=ワキガ」ではなかったのです。

ワキガ臭が発生する起因は、 その人の体質自体が深く関係してくるので、 思い悩んでいるならば、ひとまず、 本当にワキガかどうかをチェックすることが大切です。 「アポクリン腺」という脇にある 汗腺が活動的なのが、腋臭症体質の人が持つ特性です。男性に指摘される前から自分の陰部のニオイが気になり悩む女性はたくさんいます。中でも生理が終わる際の赤み掛かったオリモノが出る間はさらなる異臭が生じることも。

日々の生活でパンツを脱いだとき、我慢できないような臭いが感じられるようでしたら産婦人科で診てもらうことをおすすめします。

性器からの異臭に気づいた時はニオイ予防をしつつ、 健康面も改善していくと良いでしょう。

もし、デリケートゾーンの臭いが気になって精神的な負担を感じてるならば、まずは身近な異性に聞いてみることが一番大切です。「私の体臭は気になる?」と。

「普通だよ。

むしろ君のにおい大好き!」という答えには 、「私だってあなたの匂いが好きよ」と笑顔で返事をしましょう。お互いが臭いに過敏になってセックスを楽しまないのはいささか勿体無いことですよね。性器の周辺が無臭であるわけがありません。

条件なしに、どんな人でも 少なからず匂いがあります。

さらにに香りには個人ごとの違いがある事は当たり前です。

それを、「臭い」などと無思慮な一言で指示するような異性は彼のほうが不勉強だと言えるでしょう。 そのような偏った考えは誤った考えだと言わないわけにはいきません。体臭の中でも特に悩ましい、ワキ臭……。「汗からの臭いに頭を抱えている」という人、少なからずいるのではないでしょうか?僅かに汗をかいた際も「もしかして……」と不安が過ぎることも。実際はそれ程強烈な体臭でないのに気を揉んでいる人も大勢います。

しかし、本当に他人を不快にしていないのか、気づかれる程の異臭ではないかと、 においに悩みを持つ人にとっては大きな課題ですよね。女男ともに、意中の相手に嫌な思いをさせたくないと考え、自分自身が発するにおいを気にする方は数多くいるようです。

神経質になりすぎて、精神的な負担を感じている方もきっといるでしょう。

身体を清潔に保ち、 消臭する方法はいろいろあります。自分にあう対策法、 予防法を見つけ出すことで、臭いに対するストレスを和らげることが出来るのではないでしょうか。

メンタル面で不安を抱えているとき、 「ワキの臭いが気になってたまらない」と思い込んでしまう人もいます。

「本当のところ自分のわきは臭いのか?」「もしくは神経質になりすぎなのか?」それらを見極めるために、身近な友人に、体臭を嗅いでもらうとか、「わきから臭わない?」と質問してみるのが良いでしょう。

それも無理だと思うのであれば、専門家へ出向き、アドバイスを求めてみては如何でしょうか? 下記の条件に多くあてはまる人は高確率でワキガ持ちです。腋の毛が多めで、女性の場合はワキ毛が濃い。

脱衣後の衣服のワキパーツに黄ばみが見られる。両親が脇のにおいを持っている。

ないし両親の一方の耳アカが湿り気を含んでいる。

他の部位よりわきの下からの発汗量が多い。

粘調気味の汗がでる。

食事では肉類や乳製品の動物性タンパク質を多く摂取する。

女性は下着を重ね着する為股部が締め上げられ易く、生理ナプキンを使うと通気が悪くなり性器周辺の臭いがこもりがちになります。また、排卵期などには嗅覚が敏感になるため、自分自身の臭いが心配になることもあるようです。しかし、もしも月経中やコンディションによって強烈な臭いに感じても一時的な変化であり、いつものように清潔にしていれば自然と治るでしょう。

わきの臭いの予防案と言えば、まずは皮膚を清潔に保つこと。汗の中にあるアンモニアや皮脂といった成分とばい菌などが反応を起こし発生される悪臭は、清潔さを心掛けるだけで対策できます。さらに、衣料品の清潔さも大切です。

肌が直に触れる衣類もまた洗濯をし綺麗にしておきましょう。汗をかいたときのために、着替え用の下着に交換するのも 良い対策案でしょう。

デリケートな部位のニオイについて気にする女性が多いですが、ただ、いつもと異なる強いニオイのオリモノが続いたり、濃い色味のついたオリモノが出たりした場合は、膣炎や性病をうつされているいることが可能性もあります。

早急に病院で 調べてもらいましょう。