「腋臭」と汗の臭いは勘違いされることも少なくないで

「腋臭」と汗の臭いは勘違いされることも少なくないですが、「腋臭」と多汗が原因の体臭は違うものです。

「脇の臭い=ワキガ」という認識は間違っています。ワキガ臭の原因は その人の体質との繋がりが強いので、気になる人はまず、 本当に腋臭症かどうか専門家の意見を聞くべきです。

「アポクリン腺」という脇の下の 汗腺が盛んに活動するのが、腋臭症を持つの人の体質です。ストレスを感じやすい無秩序な生活リズム、 バランスが偏った食生活に加え不足しがちな運動量。

酒やタバコなどの嗜好品を過度に摂取していると、汗や皮脂といった成分が変化し、塩分・糖分・肉類に偏っている食事バランスが、悪臭を生み出す要因と考えられています。

肉類やチョコレートなど、動物性たんぱく質や脂肪を多く含む食品を制限し、腸内環境を整える食生活を続けていくと良いでしょう。

わきガに罹っているならば日ごろから肌を綺麗に保つよう心がけ、悪い菌が増殖しないように注意しましょう。

ワキに臭気が残ったり、放出されたりすることを阻止するために、わき毛を処理するのも一つの手です。

肉類を制限した野菜中心の食事バランスにするも離出分泌腺の働きを軽減させます。また、リンゴの繊維質にはアポクリン腺のアポタンパクという物質の生成を抑え、匂いの発生を防ぐ役割を備えています。

腋臭が気になったときはドラッグストアなどで気軽に制汗剤を購入できますが、股間の悪臭が心配な女性は予防策を知らないため、ひそかに苦悶しています。

セックス中にパートナーから指摘してきた時にはきっと泣きたくなりますよね。もし気になると言われても落ち込まず、野菜中心の食生活にするとか、 消臭効果を持つ石鹸やサプリを使用し治癒していくのが良いでしょう。

日本人の10%がワキガを持っているといわれています。

人体には「アポクリン腺」と「エクリン腺」という名の2種類の「汗腺」が存在します。

腋の下や乳頭、臍、陰部、肛門周り、外耳といった、肉体の一部分に限って存在する「アポクリン腺」から湧き出る汗には、糖質や脂質、アンモニアなどが含まれ、皮膚の常在菌が繁殖しやすくなります。

ワキガに罹る原因は、 汗と混ざったバイ菌です。腋を毎日洗うことは最も肝心です。朝に出かける前と、帰宅してお風呂に入るときに、体臭に効き目をもつ石鹸で洗うとますます効果がでます。肌着類は発汗性・吸水性・乾燥性の良いコットン素材のものを身につけましょう。

通気性が大切なので締め付けには気を付けましょう。ワキの臭いが気になるなら、朝の出発前に、わきに制汗剤を使うと良いでしょう。使用時に、デオドラント剤を乾燥させると、ますます防臭作用が働きます。

ワキの汗や臭さを緩和したいのであれば、噴霧器型や粉末状の、さらっとした種類の物を選ぶのが良いでしょう。

汗は突発的に出るので拭き取りタイプのシートを備えておきましょう。

デリケートな部位の臭気について気を遣う女性も少なくない、ただし、健常時とは違った強い臭いのオリモノが出たり、赤系統の色味がついたおりものが出たりしたら、膣炎や性病を患っている可能性もあります。すみやかに専門科で 検診しましょう。

もしも、デリケートな部位のにおいで悩んで気を重たく感じている時は、手始めに恋人にアドバイスを求める事を勧めます。「私の臭い気になる?」と。

「問題ないよ。

というより君のニオイ大好き!」という返答には、 「私だってあなたの匂いが好きよ」と笑顔で返事をしましょう。二人して臭いに悩みを抱えて体を重ねることがなくなるのは悲しいことですよね。女性は下着を重ね着する為股部が締め上げられ易く、月経用のナプキンなどを身に着けていれば、通気の悪さのせいで陰部に香りがたまりがちです。

それに加え、排卵期などには嗅覚が鋭くなるので、自身の香りが気になるケースもあるようです。

しかし、たとえ月経中や体調によって強烈な臭いに感じても短期的な現象であり、いつものように清潔にしていれば自然と治るでしょう。腋臭症は遺伝する場合があり、二親のうちどちらかがわきガなら5割、両親ともワキガの場合は75%の確率で子供も腋臭症に罹ると言います。

さらに、両わきではなく片側限定でワキガの場合もあります。

一般論として、においとホルモンの関係性は強く思春期あたりから強くなっていくようです。ワキガになると、デリケートゾーンや足の異臭なども 気になる方が多いようです。脇のにおい臭が生じるのを食い止める『擦り林檎シップ』は、すりおろしたリンゴをガーゼでくるみ、シップを貼る感覚でわきに当てるだけで容易に効果を得ることができますから、試すことを勧めます。①りんご一個を洗った後、そのまま、まるごとすりおろす。

②果汁を搾りきるように、すりおろしたリンゴをガーゼ生地などで搾りあげる。③水気が切れたリンゴを綺麗な布で包み、両脇に5分間当て込む。わきの臭いの予防案と言えば、何より綺麗な体を心掛けること。

汗に含まれるアンモニアや皮脂などの分泌物と黴菌などが混ざり合うことで生じる臭いは、清潔さを保つことで防止できます。

加えて、清潔な服を着るよう意識しましょう。

直に肌に触れる衣服は猶更洗濯をし綺麗にしておきましょう。

汗をかいたときのために、替えのインナーウエアを一枚用意しておくことを推奨します。

一般的に、スプレータイプのデオドラント剤には、 アポクリン腺から出る汗を軽減させる効能はありません。

脇のにおいのにおいを防ぐには抗菌殺菌作用が強く、皮膚に直接塗るロールオンやスティック、クリームといった種類の物を使用すると一段と効き目が得られます。

無臭や無香性のものを選ぶことも大切です。わきガ臭とデオドラント臭の香料が混ざると、周囲に更に嫌な臭いを感じられることもあるからです。メンタル的に苦しんでいると、 「わきの臭いが気になってたまらない」と思い込んでしまう人もいます。

「もしかして自分は臭いのではないか?」「それとも気にしすぎなのか?」それらを見極めるために、腹を割った知り合いに、体臭をチェックしてもらうとか、「私はわきガじゃない?」と意見を求めるのもいい方法でしょう。それも難しいという場合は、皮膚科などをへ足を運び、悩みを打ち明けると良いでしょう。