体臭の中でも一番気になる、ワキ臭……。「

体臭の中でも一番気になる、ワキ臭……。

「発汗とともに臭いだすのが悩み」という人、結構多いのではないでしょうか?少しの発汗時ですら「もしかして……」と不安が過ぎることも。実のところは思っているより臭わないのに悩んでいる人も多いのです。されども、現実、人に不快感を与えていないか、 嫌われるような悪臭がしていないかと、 臭いで悩んでいる人にとっては由々しき問題ですよね。

体臭のうち脇は殊更、「発汗時に臭って、困っています」という人、少なからずいるはずです。腋臭症は腋の下にあるアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺という3つの汗の元からの成分が肌にある細菌と分解され発されるにおいを指します。いわゆる腋臭症持ちは、他人よりアポクリン腺を多く持ち、さらに平均より発達しているので、ここから多く分泌されているのです。発汗直後であれば汗は臭いません。汗を放置しておくと臭いの原因になってしまします。

汗が出るたびこまめに拭き取るように気を配りましょう。

乾燥したタオルやハンカチではなく、硬く絞り湿り気が残るタオルで拭き洗うのが何よりも臭いの発生を防ぎます。

アロマ水や、レモンなどの香りがするタオルを用意すれば、より気持ちが良いでしょう。

「ワキガ」と体の臭いは混同されることも多いようですが、「腋臭症」と多汗の臭いはそれぞれ違います。「脇の臭い=ワキガ」という認識は間違っています。

腋臭発生のきっかけは、 その人の体質との繋がりが強いので、思い悩んでいるならば、ひとまず、 本当に腋臭症かどうか検査してみると良いでしょう。 「アポクリン腺」という脇にある 汗腺が活動的なのが、ワキガに罹っている人の特徴です。

ワキガを持つ人は日常的に素肌の清潔さを気にかけるようにし、ばい菌の繁殖を防ぎましょう。

ワキにニオイがこもったり、まき散らしてしまうことを食い止めるために、ワキ毛を処理するのも一つの手です。野菜中心の制限をかけた食生活もアポクリン腺の活性化を防止します。さらに、リンゴの成分内にはアポクリン腺内にあるアポタンパクの増殖を阻止し、臭気のもとを減らす効き目があります。

現在、デリケートな部位のニオイの悩みで専門医への相談が増えています。 専門家によると、性交の際にベッドで男性に臭いを指摘され、思いつめた表情でクリニックの門をくぐる若い女性が多いそうです。 ヘルスケアが題目のウェブサイトの記事を見ていくと、 女性が性器の異臭についてアドバイスを求めているのが目に留まります。

メンタル的に苦しんでいると、 人は「脇が臭う気がする」と過剰に反応することがあります。「本当に自分は臭うのか?」「それとも気にしすぎなのか?」その判断をするために、身近な友人に、体臭を嗅いでもらうとか、「私の脇のニオイは普通?」と尋ねてみましょう。

それが出来ないのならば、皮膚科などを受診して、解決策を聞いてみましょう。ワキガの原因は、 アセと混ざった黴菌が挙げられます。毎日のワキの洗浄は忘れないでください。

朝出発する前と、帰宅後のバスタイムに、消臭効果をもつソープを使うのが有効的です。

アンダーウェアーは発汗性・吸水性・乾燥性にすぐれた綿素材が一番です。通気性が大切なので締め付けるような素材は気を付けましょう。

わき臭に悩むのであれば、外出前には、制汗剤をワキに付けてみましょう。

つけた後、デオドラント剤を乾燥させるようにすると、より効果的です。

脇の汗や臭さを軽減するのには、噴霧器型や粉末状などの、さっぱりとしたサラサラ感のあるものがおすすめです。予定外の発汗に備えて拭きとり型のウェットシートを持っておくと良いでしょう。

効果的に制汗剤を使用する為には、 「部位毎に」「単発的な」使用をすることが重要です。様々なデオドラント剤がありますが広い範囲の汗腺が塞がってしまうのが心配です。長い間、色々な部分を塗りっぱなしにするのは良くないでしょう。脇の臭いの他にも体臭を治すには、まず第一に「清潔さ」の保持が最重要です。脇のにおいを完全治癒する場合、手術が最も早く簡単な手段です。

でも、費用がかかる上、体を切って医療器具を挿入しなければならないという問題があります。手術に抵抗がある人は、今でこそ消臭作用があるソープや、スプレー、様々な商品が容易に手に入ります。

中には細菌の発生を抑えたり、体質自体を治し汗の臭い・ワキの臭いを軽くしたりするものもあるので、さっそく調査してみましょう!ワキガ臭が生じるのを食い止める『擦り林檎湿布』は、ふきん布で擦りりんごを包み込み、シップを貼る要領で腋にそっと当てるだけで手軽に効果を得ることができますから、是非とも試してみて下さい。

①林檎をひとつすすぎ、皮つきの状態で全てすりおろす。②すりおろしたリンゴを木綿布などでまとめ、水気がなくなるまで搾る。

③水気を切ったリンゴをタオルで包み、両ワキに5分間当てる。

日本人では10人にひとりがワキガを持っているといわれています。

ヒトの肉体には「アポクリン腺」と「エクリン腺」と呼ばれる2タイプの「汗腺」があります。

ワキの下やバストトップ、おへそ、生殖器、臀部や耳の周りのような、人体の特定の部分にしか無い「アポクリン腺」からでる汗には、糖や脂質、アンモニアといった成分が含まれ、皮膚の常在菌が増加しやすい条件が整ってしまいます。

女性はインナーウエアを着用するので、おなか周りを締め付けがちになり、生理ナプキンを使うと蒸れてデリケートゾーンのニオイがこもることがあるでしょう。

また、排卵日は臭いを感じやすくなるため、自分の匂いが気になる場合もあるようです。

しかし、万が一生理中や体の具合によって強烈な臭いに感じても一時的なものであり、普段どおりの清潔さを心がければ解消されます。

脇臭の改善策といえば、とにかくいつも身体を清潔にしていること。汗に含まれるアンモニアや皮脂などの分泌物とバイ菌などが融合し発する体臭は、清潔さを保つことで防止できます。そして、衣類の綺麗さも忘れてはいけません。

衣服は肌に直接触れるので洗濯をし綺麗にしておきましょう。汗をかいた際は、着替え用の下着を一枚持っておくのも お勧めの予防案です。